「ミトコンドリア電子伝達系」

私たちの体は約60兆個の細胞で構成されています。その細胞の一つ、一つにミトコンドリアが2000~1万個近く存在します。読者の皆様は、体の中の余りに膨大な数のミトコンドリアの存在に驚かれる事と思います。 このミトコンドリア 

Continue Reading →

ベルリン・フィルとの出会い  -ヘルベルト・フォン・カラヤンのお話 その7-

翌1937年、今度はドイツの名指揮者ブルーノ・ワルターの招きに応じる形で『トリスタとイゾルデ』(ワーグナー作)でウィーン国立歌劇場に客演を果たします。 この演奏は当時の人々から絶賛を博しました。 そして、1938年4月世 

Continue Reading →

生体内電流と新陳代謝

  経絡システムは脳における神経のように乗り換えがない、ツボ同士が物理的につながっていない点から考えると、空間認識を必要としない時点で発生したものと思われます。これを生物の進化のプロセスに照らしてみると、どうも 

Continue Reading →

植物時代

この際、重要な事は①脳・神経系-筋肉の電子的情報伝達・統禦システムとは異なり、「経絡システム」は 1)脳における対側からの神経の乗り換えがない 2)いわゆるツボとツボの間は、脳・神経系-筋肉のシステムで存在した、両者の  

Continue Reading →

ドイツで最も若い音楽総監督  -ヘルベルト・フォン・カラヤンのお話 その6-

カラヤンがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめて指揮したのが1934年8月、翌月の9月にははやくも試験採用中のアーヘン市立劇場でオペラ『フィデリオ』(ベートーベン作)でデビューしています。 その後もアーヘン市立劇場 

Continue Reading →

自然体で生まれる生体内電流

  多細胞生物の場合、血液により細胞レベルでの酸素と栄養素の供給、二酸化炭素と老廃物の回収・搬出が営まれるため、身体の隅々までの血液の循環作用が必要となります。 先述したように、コロイド体である体の中を、H2O 

Continue Reading →

電子情報

  空間認識のために必要とされるのが、顔と体全体に存在する多種多様な感覚器及び感覚受容体であり、これらを利用して体の左・右の情報をその反対側の脳で左右別々に受け取り、個別に認識した上で、後に統合、処理するのが脳 

Continue Reading →